こんちゃんの尾曳稲荷伝説

尾曳稲荷神社


こんちゃんは、つつじが岡公園北側にある尾曳稲荷神社の

「狐の尾曳伝説」の謂れから誕生した、キツネのキャラクターです。

‎キツネは、館林城築城の伝説に由来された「夢叶う・幸運」の象徴です。

 

尾曳稲荷神社と館林城(尾曳城)の由来をおさらいしてみましょう。

1.

今は昔、大袋城(おおぶくろじょう)(城沼南岸)の城主、赤井照光(あかいてるみつ)という殿様がいました。

2.

お正月のお祝いに出かけようと、少しばかりのお供をつれて、近藤林(こんどうばやし)にさしかかったときです。

3.

八、九歳の子どもたちが、キツネの子を捕らえていじめていました。

4.

哀れに思った照光は、子どもたちを諭し、銭を与えました。

5.

「二度と捕まるでないぞ」と、キツネの子を放してやりました。

6.

その夜、枕元に【稲荷の大神(おおかみ)の使い、新左衛門(しんざえもん)】と名乗る者が現れ、

「今朝、我が子狐を助けてくれた恩は忘れぬ。沼の北岸館林は要害の地であるゆえ、今居る城から速やかに移るのじゃ」とお告げがありました。しかし、照光は決心がつきませんでした。

7.

その年の七夕の日、照光は家来を呼んで「今宵、稲荷の大神のお告げがある。しかと承って参れ」と言いました。

8.

その夜再び現れた新左衛門は、「今宵は、幸い月が明るい、築城の案内をしましょう。」と言いました。

9.

すると、白いキツネが現れて照光の先に進みました。後に続くと、「ここが本丸、そこに二の丸、あちらは三の丸」と尾を曳きながら案内していきました。

10.

これは「初曳(はつひき)稲荷」です。谷越町(現在の本町三丁目)にあります。初曳は読んで字の如し、「尾の曳き初め」。昔、この一帯を「待辺(しべ)」と呼んでいたので、「待辺の稲荷」とも言います。

11.

加法師の原野にいたると、新左衛門は「私の主人の稲荷の神は、お城ができたら城下にとどまり、お守りしようとお思いですので、速やかにお祀りして下さい」と言って、かき消すように姿を消しました。

12.

ふと気がつくと、夜が明けていました。

13.

これは「夜明(よあけ)稲荷」です。加法師町(現在の朝日町)にあります。お使いが別れを告げたといわれるところで、ここで夜が明けたといわれています。

14.

照光は、不思議なことだと思って、お告げの通り城を築きました。後に関東の名城と言われた尾曳城(=館林城)は、こうして出来たと伝えられています。

15.

築城後、照光は城の本丸の鬼門(北東)にあたるところに、神社を建てました。

これが尾曳稲荷神社です。

【おしまい】

絵:町田左門先生 文:田島義利

第1版 平成15年10月10日

第2版 平成25年8月3日

所蔵:尾曳稲荷神社社務所

 

 

 

尾曳稲荷神社を散策

尾曳稲荷神社周辺を、夢が叶うようにお祈りしながらさんぽしてみましょう。

 

拝殿

 

 

本殿裏の亀の石

 

 

本殿

 

 

本殿裏の弁財天

昔は城沼の真ん中にありました。

 

 

 

本殿裏の館林城の土塁跡

 

 

お稲荷様

 

 

鳥居門

 

↑ PAGE TOP